KEYSI東京のブログ

KEYSI(ケイシ)は、『ダークナイト』や『ジャック・リーチャー』などの映画で使用されたスペイン発の護身術。KEYSIジャパンアカデミー東京校のブログです。

カテゴリ: KEYSI

僕は今まで「D.I.M.A.1(ディーマ・ワン)」という、言わばインストラクターの1年生でしたが、次のランクD.I.M.A.2への昇段試験を受けるべく、スペインへと行ってきました。

片道14時間のロングフライトです(途中フランスで乗り換え)。

バレンシア空港から電車で1時間ほどの所にある「プエルト・デ・サグント」という町に、KEYSIの本部があります。

[画像:8f8e194b-s.jpg]
[画像:bdbd9152-s.jpg]
[画像:017188fc-s.jpg]
プエルト・デ・サグントの風景

プエルト・デ・サグントは海に近い田舎町。フスト先生が僕の故郷、福島県白河市にいらっしゃった時、「サグントに似ている」とおっしゃっていましたが、まさにそんな雰囲気。あまり英語が通じないけど皆さん親切で、Google翻訳を駆使しながらコミュニケーションを取ろうとする僕に、快く対応してくださいました。

評判通り、スペイン料理はとても美味しかったです。

[画像:7552f6f7-s.jpg]
パエリヤ

有名なパエリヤ、フィデウアをはじめ、ボカディージョという大きなサンドイッチには大変お世話になりました。

[画像:dcff5f18-s.jpg]
フィデウア(パスタ版パエリヤ)

[画像:e4a81622-s.jpg]
ボカディージョ(スペイン人にとっておにぎり的なものらしいです)

旅行記のようになってしまいましたが、本題。KEYSIの話です。

昇段試験は約10日間スペインに滞在し、毎日4時間、マスタークラスのインストラクターにトレーニングをしていただきます。そして最終日にフスト先生直々の審査となります。

成長を実感できたところも未熟を痛感したところ多々ありました。なにより、「D.I.M.A.1の資格を得たあと何をしてきたか」、これが最も問われたと思います。

「KEYSIは個人の努力と信用なしには成長しない」とフスト先生はおっしゃいます。教わった技術を忘れないよう定着させたり、さらに精度を高めるのは個人の努力にかかっています。これは一般の生徒もそうですが、インストラクターはよりその素質が重要になります。

試験の結果はと言いますと、無事に次のステージのD.I.M.A.2へと踏み出すことができました。

また新たなイチからのスタートです。

[画像:cb727cfc-s.jpg]

つきっきりでトレーニングをしてくださったマスター・ボグダン。大変ユーモアのある方で、彼のおかげで楽しくトレーニングできました。ありがとうございました。

[画像:5a47bd57-s.jpg]

何度かKEYSIアカデミーのレッスンにも参加しました。みんな温かく受け入れてくれ、フレンドリーな人たちばかりでした。ありがとうございました。

[画像:bf20f576-s.jpg]

そしてフスト先生。僕の滞在中、イギリスへ行ったりと忙しくされており、今回はゆっくりお話しする機会がありませんでしたが、少ない時間を縫って何度かトレーニングの様子を見に来てくださいました。ありがとうございました。

次はD.I.M.A.3目指して精進します。

Gracias Spain.
Muchas gracias mi familio.
Hasta luego.

KEYSIはスペイン語では“Que y si”と書きます。

それぞれの単語を英語にすると、

・Que(ケ) = what
・y(イ) = and
・si(シ) = yes

すなわち“Que y si”は、英語では“what and yes”となります。

主にお母さんが子どもに対して使う言葉で、「できるよね?」という意味なんだそうです。ただし質問ではなく、「あなたならやれるよね?」と相手の可能性を信じてチャレンジを促す言葉。多分ですが、“what and yes”は、「なんて言うの? はいでしょ?」という意味なのかなと。日本語でも「返事は?」と聞かれたら、それは往々にして「はいでしょ?」という続きを含んでいますからね。そういうニュアンスなんだと思います。

転じて、「はい、わかりました」という返答としても使われるそうです。「らしい」とか「だそうです」という言い方になってしまうのは、お互いに母国語でない言葉でやり取りしているので100%正確に理解できていない可能性があるからです。。。もし間違っていたらすみません。

そのような言葉が由来になっているため、KEYSIは「とにかくやってみる」「素直に言うことを聞く」「自分はできると信じる」といったことを重視します。

話はちょっと変わりますが、僕は俳優をやっておりまして、好きな言葉のひとつにこういうものがあります。

いい俳優の条件は三つ。
勤勉であること。
素直であること。
勇敢であること。

“Que y si”の意味を聞いたとき、これと非常に近い気がしました。

KEYSIの生徒には、KEYSIのレッスン中だけでなく、普段の生活の中でも勤勉・素直・勇敢であってほしいなと思います。

和知龍範



◆KEYSI東京では随時生徒を募集しております。

先日、兄がインストラクターを務める福島県白河市のレッスンに参加してきたんですが、兄のレベルが格段に上がっていたことに驚きました。

兄は去年の冬から『ダルライザー The Movie』という映画の撮影で、フスト先生から直にアクション指導を受けていました。兄自身、その経験は非常に大きかったと語っており、動きや考え方のひとつひとつにそれが現れていました。

加えて、白河市の生徒たちも格段に上達していました。白河は開校から一年が経ち、レッスン風景を見るのは約4ヵ月ぶりでしたが、見違えるようにたくましくなっていたと思います。レッスンは毎回新しい技が出るのですべてをスムーズにこなすのは難しいですが、まごまごせず果敢にチャレンジしていく姿に、継続することの偉大さを垣間見ました。

このレッスンに参加して得たもの、兄と話して得たものをKEYSI東京でのレッスンにも生かしていきます。スケジュール的に無理を押しての参加でしたが、参加して本当に良かったです。

白河市は福島県の最南端にある、「東北の玄関口」といわれている所です。毎週土曜日の夜にレッスンをおこなっています。お近くにお住まいでKEYSIに興味をお持ちの方はぜひ一度参加してみてください。


白河市はラーメンとそばが世界で一番おいしい町です。たぶん。

和知龍範



◆KEYSI東京でも随時生徒を募集しております。

恥を晒すような内容ですが、とても大切だと思うことがあったので書きます。

先日のレッスン中、初めて軽傷者が出てしまいました。不覚にも、僕自身です。

軽傷と言っても足がつっただけですが、レッスン中に突然転倒してしばらく動けなくなり、生徒の皆さんには不安を与える結果となってしまいました。申し訳ございませんでした。

原因は睡眠不足と栄養不足です。数日前からまともな睡眠と食事を取ることができない環境にあり、レッスン前から体調が良くない自覚もありました。直前に筋肉の異変も感じていましたが、無視して続けた結果、このようなことになってしまいました。

普段、生徒にはレッスン中に無理をしないように伝えています。「自分の身は自分で守る」のが護身術の基本。そして自分の状況を知ることがKEYSIの基本。体力に自信のある人でも、その日の体調だったり、慣れないトレーニングによるストレスなどで思うように身体が動かない時もあります。だから、まずいなと思ったら遠慮なく休んでかまいません。と。

そう伝えているのに、インストラクター自ら自分の身を守れないという失態を犯してしまいました。生徒の皆さんにはせめて、「無理するとこうなるよ」という反面教師として役立てていただければ幸いです。

「今の自分を知る」ということがいかに大切か。

自戒の意味を込め、記させていただきます。

和知龍範



◆KEYSI東京では随時生徒を募集しております。
KEYSI東京ホームページ

「月刊秘伝」という武道雑誌さんにKEYSIの取材をしていただきました。

DSC0513

秘伝さんは武道だけじゃなく、アレキサンダーテクニークやファンクショナルトレーニングなど、日常生活にも役立つメソッドを取り上げられている総合身体雑誌。武道をやられている方はもちろん、ヨガやピラティスのようなボディメイキングに興味がある方にもオススメの一冊ですよ。

KEYSIの記事の掲載は後日発売の号になります。発売前には改めて告知しますね。

乞うご期待です!

↑このページのトップヘ