KEYSI東京のブログ

KEYSI(ケイシ)は、『ダークナイト』や『ジャック・リーチャー』などの映画で使用されたスペイン発の護身術。KEYSIジャパンアカデミー東京校のブログです。

恥を晒すような内容ですが、とても大切だと思うことがあったので書きます。

先日のレッスン中、初めて軽傷者が出てしまいました。不覚にも、僕自身です。

軽傷と言っても足がつっただけですが、レッスン中に突然転倒してしばらく動けなくなり、生徒の皆さんには不安を与える結果となってしまいました。申し訳ございませんでした。

原因は睡眠不足と栄養不足です。数日前からまともな睡眠と食事を取ることができない環境にあり、レッスン前から体調が良くない自覚もありました。直前に筋肉の異変も感じていましたが、無視して続けた結果、このようなことになってしまいました。

普段、生徒にはレッスン中に無理をしないように伝えています。「自分の身は自分で守る」のが護身術の基本。そして自分の状況を知ることがKEYSIの基本。体力に自信のある人でも、その日の体調だったり、慣れないトレーニングによるストレスなどで思うように身体が動かない時もあります。だから、まずいなと思ったら遠慮なく休んでかまいません。と。

そう伝えているのに、インストラクター自ら自分の身を守れないという失態を犯してしまいました。生徒の皆さんにはせめて、「無理するとこうなるよ」という反面教師として役立てていただければ幸いです。

「今の自分を知る」ということがいかに大切か。

自戒の意味を込め、記させていただきます。

和知龍範



◆KEYSI東京では随時生徒を募集しております。
KEYSI東京ホームページ

「月刊秘伝」という武道雑誌さんにKEYSIの取材をしていただきました。

DSC0513

秘伝さんは武道だけじゃなく、アレキサンダーテクニークやファンクショナルトレーニングなど、日常生活にも役立つメソッドを取り上げられている総合身体雑誌。武道をやられている方はもちろん、ヨガやピラティスのようなボディメイキングに興味がある方にもオススメの一冊ですよ。

KEYSIの記事の掲載は後日発売の号になります。発売前には改めて告知しますね。

乞うご期待です!

KEYSI東京が始動してひと月とちょっとが経ちました。

生徒の皆さん、技術的なことはもとよりKEYSIの理念にも興味を持ってくれているのが嬉しいです。レッスンの合間にふと話す精神的な内容も真剣に聞き入ってくれています。

創始者のフスト先生は空手の本に影響を受けたことがあるためか、KEYSIには日本の武道に通じる精神的な理念が多々あります。日本人にとってはしっくりくる部分もあると同時に、海外ならではのシビアな考え方もあるので、ほどよく新鮮味があるのかもしれません。

身体的な技術だけでなく、フスト先生が何気なくおっしゃったこと、熱く教えてくださったこと、その教えを通して僕が日々感じるようになったこと。そんなことも伝えていきたいと思います。

和知龍範



KEYSI東京では生徒を随時募集しております。
詳しくはこちらのホームページをご参照ください。 

↑このページのトップヘ