KEYSI東京のブログ

KEYSI(ケイシ)は、『ダークナイト』や『ジャック・リーチャー』などの映画で使用されたスペイン発の護身術。KEYSIジャパンアカデミー東京校のブログです。

5/13(土)に発売された「月刊秘伝 6月号」にて、KEYSIを特集していただいております。

日本のメディアに取り上げていただいたのは初めてなので、喜び勇んでご紹介させてください。

01
02
03

「現代に適合進化した プレグレッシブ武術特集」という特集の一環で、EBMAS詠春拳、クラヴマガグローバルと合わせてKEYSIを取り上げていただきました。KEYSIだけで8ページもの大特集です。日本に入って来てまだ間もないKEYSIにここまで誌面を割いてくださり、ひたすらに感謝です。

秘伝さんの記事は、技術や写真よりも、おおよその概念や成り立ちについて触れてくださっていますが、理念や哲学に重きを置くKEYSIとしてはとてもありがたく思います(編集者さんがつけてくれたキャッチコピーが秀逸です)。もちろん、大部分の方が気になる技もきちんと紹介してくださっています。

また、半分くらいダルライザー(※1)の話になっていますが、改めてKEYSIとダルライザーの間にあるものを読み解いてみて、日本のKEYSIはダルライザー抜きに語ることはできないなと。KEYSIを日本に招致したのがダルライザーだったことは、運命ではなく必然だったのだと、この記事を読んで思いました。

一緒に取り上げていただいたEBMAS、クラヴマガもたいへん興味深く、親近感を覚える部分や、参考になる部分がたくさんありました。技術以上に、それぞれが背負っているものに胸を打たれました。

書店にお立ち寄りの際は、是非ともお手に取ってみてください。

◆WEB秘伝
http://webhiden.jp/

◆KEYSI東京
http://keysi-tokyo.com/
04
和知龍範



※1…福島県白河市のご当地ヒーロー。KEYSI JAPANの代表である和知健明が運営している。

KEYSIはスペイン語では“Que y si”と書きます。

それぞれの単語を英語にすると、

・Que(ケ) = what
・y(イ) = and
・si(シ) = yes

すなわち“Que y si”は、英語では“what and yes”となります。

主にお母さんが子どもに対して使う言葉で、「できるよね?」という意味なんだそうです。ただし質問ではなく、「あなたならやれるよね?」と相手の可能性を信じてチャレンジを促す言葉。多分ですが、“what and yes”は、「なんて言うの? はいでしょ?」という意味なのかなと。日本語でも「返事は?」と聞かれたら、それは往々にして「はいでしょ?」という続きを含んでいますからね。そういうニュアンスなんだと思います。

転じて、「はい、わかりました」という返答としても使われるそうです。「らしい」とか「だそうです」という言い方になってしまうのは、お互いに母国語でない言葉でやり取りしているので100%正確に理解できていない可能性があるからです。。。もし間違っていたらすみません。

そのような言葉が由来になっているため、KEYSIは「とにかくやってみる」「素直に言うことを聞く」「自分はできると信じる」といったことを重視します。

話はちょっと変わりますが、僕は俳優をやっておりまして、好きな言葉のひとつにこういうものがあります。

いい俳優の条件は三つ。
勤勉であること。
素直であること。
勇敢であること。

“Que y si”の意味を聞いたとき、これと非常に近い気がしました。

KEYSIの生徒には、KEYSIのレッスン中だけでなく、普段の生活の中でも勤勉・素直・勇敢であってほしいなと思います。

和知龍範



◆KEYSI東京では随時生徒を募集しております。

先日、兄がインストラクターを務める福島県白河市のレッスンに参加してきたんですが、兄のレベルが格段に上がっていたことに驚きました。

兄は去年の冬から『ダルライザー The Movie』という映画の撮影で、フスト先生から直にアクション指導を受けていました。兄自身、その経験は非常に大きかったと語っており、動きや考え方のひとつひとつにそれが現れていました。

加えて、白河市の生徒たちも格段に上達していました。白河は開校から一年が経ち、レッスン風景を見るのは約4ヵ月ぶりでしたが、見違えるようにたくましくなっていたと思います。レッスンは毎回新しい技が出るのですべてをスムーズにこなすのは難しいですが、まごまごせず果敢にチャレンジしていく姿に、継続することの偉大さを垣間見ました。

このレッスンに参加して得たもの、兄と話して得たものをKEYSI東京でのレッスンにも生かしていきます。スケジュール的に無理を押しての参加でしたが、参加して本当に良かったです。

白河市は福島県の最南端にある、「東北の玄関口」といわれている所です。毎週土曜日の夜にレッスンをおこなっています。お近くにお住まいでKEYSIに興味をお持ちの方はぜひ一度参加してみてください。


白河市はラーメンとそばが世界で一番おいしい町です。たぶん。

和知龍範



◆KEYSI東京でも随時生徒を募集しております。

↑このページのトップヘ